AIと真剣交際する時代に突入か 中国のチャットボット恋愛市場が460億円に急成長

恋愛をデジタル化するのは個人の自由だが、ますます少子化が進むかもしれない…。

2021/08/19 14:30


 

■「人間との恋愛には戻れない」

AIは世界中で活用され、その技術は金融、医療、各種小売業、観光業、不動産などの分野で大変な活躍ぶりを見せている。

『Xiaoice』が恋愛の分野で生かされるのは、当然と言えた。ユーザーの性格、雰囲気や感情を読み取って蓄積していくため、ボット側がけんかを回避し、常に心地よくさせてくれるのだ。

先述のジェシーさんも「傷つけ合うくらいなら、人間との恋愛には戻れない。戻りたくない」と話している。


関連記事:元新体操・畠山愛理、現役時代は日露で遠距離恋愛 長嶋一茂は「俺なら絶対行く」

 

■忙しい現代人は孤独を感じている

やがて新型コロナウイルスのパンデミックが収束を迎えても、現代人は相変わらず日々忙しく働き、プライベートでは孤独を感じながら過ごす人も多いのだろう。

XiaoiceのCEOであるリ・ディさんは「人々は時間や場所に関係なく、安心して話せる相手を求めている。AIはこのような点で優れ、忙しい人間よりもむしろ求められている」と話す。

チャットボットを通した恋愛にハマッている若者からは「物事のすべてがデジタル化され、お金で取引されるこの時代。恋愛だってそれでいい。なぜ違うのか」といった意見も多いといい、今後ますます恋愛のチャットボット化が進みそうだ。

・合わせて読みたい→学生時代の同級生を恋愛対象として意識 30代女性は6割も

(文/しらべぇ編集部・桜田 ルイ

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

恋愛デート浮気彼女恋人彼氏ケンカ中国りんな課金AIチャットボットマイクロソフト翻訳記事ReplikaXiaoiceロマンス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング