ケーキをカットしようとしたら…熱い眼差し送る存在に困惑 「これは切れない」

テーブルに置かれたケーキを見つめる猫が話題に。飼い主に詳しい話を聞いてみると、ツイートに込められた思いが明らかになった。

2021/08/19 14:45

ペットを自宅で飼う際、怪我や誤飲といったアクシデントには細心の注意を払っている人も多いはず。特に刃物類を扱っている時は、できる限り離れたところにいてほしいものだ。

今ネット上では、そんな飼い主の気持ちを体現したツイートが話題になっているのをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■ケーキを見つめる猫

注目を集めているのは、ツイッターユーザー・いきさんが15日に投稿した1枚の写真。テーブルに置かれた猫型のケーキを切り分けようと撮影者は包丁を握っているのだが、猫がケーキをまじまじと見つめていたため、ケーキへ入刀できずにいる。

危うく猫が飛び出してきそうな状況に、いきさんは「切りづれえからお願い離れて」と困惑のコメントを残していた。


関連記事:プランターに「植えたはずのない猫」が咲いた? かわいすぎる写真の投稿者に直撃

 

■ユーザーからは共感の声も

投稿には「猫による踏み絵感」「絵に描いたようなジト目」など、猫の姿に反響が。また、別のユーザーからは「これは困りますね」「これはさすがに切れないな…」といった共感の声も寄せられていた。

しらべぇ編集部は、いきさんに撮影時の詳しい話を聞いてみることに。


■誕生日用ケーキを切ろうとしたら…

ケーキを見つめる猫

いきさんによると、ツイートの写真は、奥さんの誕生日用ケーキを切ろうとした際に撮影したものとのこと。猫の健康によくないので、実際に食べさせたことはないが、写真の猫「タコス」は以前からパンやチーズ、甘いものをテーブルに出していると匂いを嗅ぎに寄ってくるそうだ。

撮影時も箱を開ける時にタコスが寄って来る気配を感じたいきさん。机の上に乗られると危ないので、椅子を空けていたら、包丁を持っているところにちょうどタコスがやって来たのである。

いきさんは「危ないからどいて、と思っていました」と撮影時を振り返っていた。

ちなみに写真の後、無事にケーキの切り分けに成功。タコスに見せつけながら食べていたが、最後まで大人しくじっと見ていたという。

・合わせて読みたい→あらゆる物体に「生命」を宿らせるガシャポンが話題 製作陣の本気度が最高だった

(取材・文/しらべぇ編集部・中島隼貴

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

パンツイッターケーキチーズ包丁椅子踏み絵テーブルジト目
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング