中川翔子、旭川女子中学生いじめ事件に触れたツイートが反響呼ぶ 「許されない」

自身も過去に壮絶ないじめを経験している中川翔子が、北海道・旭川で起きた女子中学生いじめ事件について言及。反響を呼んでいる。

中川翔子

マルチタレントの中川翔子が19日、ツイッターで北海道・旭川で起きた女子中学生いじめ事件に言及。加害者生徒たちを擁護する学校側の姿勢に対し憤りを露わにし、ネット上で反響を呼んでいる。



 

■壮絶ないじめの末に

取り沙汰されているのは今年3月、旭川で失踪していた女子中学生が凍死していた事件。被害者である女子中学生は2019年、複数の生徒からいじめ行為を受けていたことが明らかになっており、中にはわいせつな写真を送るよう強要され、その写真をグループ内に拡散させるという嫌がらせも受けていた。失踪、死亡の原因はこれらの凄惨ないじめ行為にあったとされる。

中川が引用リツイートしたテレビ朝日の報道には、そのわいせつ画像拡散トラブルについて被害者の母が学校側に相談したところ「1人のために10人の未来をつぶしていいのですか」と、加害者グループを擁護する言動があったことも記されている。


関連記事:いじめ動画流出で学校が英断 生徒4名が逮捕されるも厳しい姿勢を貫く

 

■「いじめという言葉ではなく犯罪」

まるで事件を隠蔽するかのような学校側の対応。中川はこの報道に対し、「こんなこと許されない こんな事を言う先生がいるなんて恐ろしい」と学校側の姿勢を痛烈に批判。

その上で、亡くなった被害者のことを思いやり、「被害者より加害者を守るだなんて失われた命は戻らない いじめという言葉ではなく犯罪になる」と吐露した。

次ページ
■過去にはいじめに関する著書も
イジメツイッター北海道事件中川翔子
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング