スマイリーキクチ、旭川いじめ事件のネット反響に警鐘 「自分で判断しないで」

言われもない誹謗中傷をネット上で受けてきたスマイリーキクチが、北海道・旭川の女子中学生いじめ事件に言及。警鐘を鳴らした。


 

■現在まで続く中傷被害

キクチは1999年、全く無関係であるにも関わらず「殺人事件の実行犯だった」というデマを流され、言われもない誹謗中傷を受け続けた辛い経験がある。

その後警察に相談し、結果的に中傷書き込みを行っていた合計19人が摘発、うち7人が書類送検されたが、誹謗中傷の影響は現在まで続いているという。


関連記事:EXIT兼近「正義の押し売りがひどい」 五輪選手への相次ぐSNS中傷に訴え

 

■ネットでは共感の声

キクチの体験のように、根拠のないデマ情報に流された不特定多数のネットユーザーが無関係の人を叩くケースは後を絶たない。

今回のツイートにネット上では、「この言葉すごく重い」「真実かどうか証明できない情報はそれも暴力」「実態を把握し加害者とその責任を明らかにし、公平な場所で裁かなくてはいけない」と共感する声が相次いでいる。

・合わせて読みたい→「100円やるから頭を叩かせろ」 同級生のいじめがエスカレートし12歳少年が死亡

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

イジメツイッター芸人自殺誹謗中傷スマイリーキクチ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング