がん闘病中の級友のため「1億円集めたい」 小学生男児が先導し手作り菓子販売へ

優しい母親の助けを借り、同級生のためにお菓子を販売することを決めた男の子がいる。

2021/08/22 05:30

教室・同級生・小学生

大事なクラスメートがステージ4のがんに…。急速に体調が悪化していることを知って胸を痛めた男の子が、サポートするべく動き出したことを、『People』などアメリカのメディアが報じている。



 

■がんを患った女児

アメリカ・アイダホ州で暮らすマディーちゃん(10)は小さい頃にがんを患い、治療を受けて回復。普通の暮らしを再開して7年が経過したが、今年4月にがんの再発を宣告された。

今回はステージ4と極めて深刻な状態で、腎芽腫(ウィルムス腫瘍)のほか肝臓などにもがんが転移していることが明らかに。そこですぐに化学療法とそれに続く大手術にも耐えたが、回復後に待っているのは再びの化学療法と放射線治療だという。


関連記事:闘病中の桑野信義、鈴木雅之ツアーに出演 「正直もうステージに立てないと…」

 

■サポートを決めた同級生

同じ学校に通うジェロッド・ニューバーンくんは、同級生であるマディーちゃんの闘病に胸を痛め「僕にもできることはないか」と考えた。そこで母親のジェシカさんに相談し、手作り菓子の販売会を開くことを決意。学校で開催すること、そして開催日時も決まったという。

多くのお金を集めてマディーちゃんの家族に送ることを目標に、ジェロッドくんや関係者は準備に追われている段階だ。ジェシカさんは地域住民にも声をかけ、「一緒にマディーちゃんとご家族を支えましょう」と協力を呼びかけている。

次ページ
■目標金額は「1億円です」
同級生手術肝臓転移闘病ステージ4サポート協力放射線治療寄付金化学療法再発腎臓翻訳記事小児がん腎芽腫ウィルムス腫瘍手作り菓子目標金額
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング