15歳少年が3年間恨んでいた教師を殺害 「臭いと注意されクラス中が爆笑した」

冗談でも、からかいでも、「人前でそれを言われたら傷つくかも」と考えてみることは大切だ。

2021/08/22 09:30

教師

教師や級友が何気なく口にした言葉。言った側は軽い気持ちでも、言われたほうは傷つくことが多い。場合によってはそれが怒りや恨みに転じ、心の中で増幅していくことも…。そんな動機での悲惨な殺人事件がブラジルで起きたことを、イギリスの『Metro』などが伝えている。



 

■婚約者と過ごすカフェで…

事件が起きたのは、ブラジル・バイーア州のグァラチンガという小さな町で今月15日のこと。1人の男性教師が婚約者とカフェでコーヒーを飲みながら過ごしていたところ、かつての教え子である15歳の少年がいきなり背後に現れ銃をかまえた。

至近距離から3発撃たれて教師は死亡。少年は現場から逃走した。あっという間の出来事に、婚約者もカフェにいた人々もなす術がなかったと地元メディアは伝えている。


関連記事:恩師から女生徒へ皮肉まじりの卒業メッセージ 「最低すぎる」とSNSで話題に

 

■「おまえ、すごく臭いな」

その後、警察は少年の身柄を拘束。犯行動機を尋ねられた少年は、「3年前にあることを言われて以来、その教師が大嫌いになり、それがいつか復讐心へと変わった」などと供述した。

2018年1月、教師は教室で少年に「おまえ、すごく臭いな」と言い放ち、級友たちがそれに爆笑。その瞬間、少年の心は耐え難い屈辱感でいっぱいになったという。

次ページ
■母親が苦情を入れるも…

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

カフェ母親学校怒りブラジルクラス拳銃冗談悪臭爆笑苦情婚約者発砲事件恨み翻訳記事級友担任教師屈辱感
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング