雄なしの水槽で雌のサメが単独妊娠・出産 遺伝子学研究に光が刺す

人間においても、単為生殖が可能になる日が来るのだろうか。そのとき男性の必要性は…?

2021/08/23 18:00

サメ・鮫

このたびイタリアの水族館で、メスしかいないサメの水槽から赤ちゃんが産まれ、世間は仰天。海洋生物の専門家たちを大いに興奮させている。イギリスの『The Sun』や『Mirror』が報じた。



 

■10年近く雌のサメのみ

話題になっているのは、イタリアのサルデーニャ島にある『アクアリオ・カーラ・ゴノン』という水族館にいるサメたちだ。

水族館のスタッフによると、この水槽には10年近くオスのサメがおらず、ホシザメのメスが2頭泳いでいた。そのうちの1頭が妊娠し、このたび出産。誕生した赤ちゃんは、スタッフによって『イスペラ』と名付けられたという。


関連記事:サメに噛まれ42針縫った少女が衝撃体験を告白 「そこらじゅう血まみれで…」

 

■世界初の繁殖

カーラ・ゴノン水族館のスタッフは、水槽にいる2匹のメスのサメから2つのDNAサンプルを専門の研究所に送り、妊娠・出産した事実を確認した。

このニュースを知り、世界の水族館関係者や海洋学研究者らも「ユニークで興味深いニュースだ」と大変な盛り上がりを見せている。通常はオスメスの両個体で繁殖をする生物が、このように一方のみで妊娠・出産することは「処女懐胎(単為生殖)」と呼ばれ、ホシザメがそれを成し遂げたのは世界初だそうだ。

次ページ
■単為生殖とは?

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

出産イタリア妊娠卵子水族館精子サメ繁殖単為生殖DNAクローン受精ゲノム翻訳記事無脊椎動物オスメスホシザメ有性生殖海洋学処女懐妊アクアリオ・カーラ・ゴノンサルデーニャ島卵細胞遺伝子研究所
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング