「子作りの方法を知らないのか?」のセクハラに耐えかね… 嫁が舅を毒殺

なかなか赤ちゃんが授からない嫁に、舅は「教える」という大義名分で迫ったという。

2021/08/25 18:45

DV・家庭内暴力

インドでこのほど、義父を殺害した容疑で25歳の女が逮捕された。自宅に2人だけでいると義父は嫁に近寄り、セクハラ行為を働いていたという。『TIMES NOW NEWS』『India Today』など同国のメディアが報じている。



 

 

■深く悩んだ嫁の告白

インド南部のタミル・ナドゥ州にある小さな村で7月31日、ムルゲサンという男が腹部の激痛を訴えて自宅で倒れ、搬送先の病院で翌日に死亡した。新型コロナウイルス感染症への対応に追われており、詳しい死因を調べることもなく遺体は返され、そのまま荼毘(だび)に付された。

その後、なぜか体調を崩していた嫁のカニモジは、村の有力者の元を訪ねると「深く悩んでいます。これ以上は耐えられません」と語り出し、ムルゲサンの食べ物に殺鼠剤を混ぜ毒殺したことを告白。通報されたカニモジは、義父殺害の容疑で逮捕された。


関連記事:50代女性の7割が義父母の言動にイラッ 「もめるもの」と割り切る人も

 

■「子作りの方法を教えてやる」

警察の取り調べのなかで、カニモジ容疑者はムルゲサンからのセクハラ被害について話し、殺意があったことを素直に認めた。

4年前に結婚した夫ヴィノブハラジャンさんとの間になかなか赤ちゃんが授からず、次第に嫌味を言うようになった舅のムルゲサン。自宅で2人だけになると近づいてきて、「子作りの方法を教えてやる」などと言いながらセクハラを繰り返したという。

次ページ
■「舅のほうが悪い」の声も

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

インド告白結婚セクハラ妊娠同居殺人事件毒物子作り義父遺体劇薬毒殺翻訳記事殺鼠剤有力者
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング