献血を優先し新型コロナワクチン接種が遅れ… 基礎疾患のない30代男性が死亡

善意あふれる男性が、予約してあった献血を優先。そのためにワクチン接種が遅れ、悲劇が起きた。

2021/08/25 09:30

献血

新型コロナウイルスのワクチン接種に関しては、さまざまな考え方がある。ある30代の男性は接種を切望していたが、予約ができないうちに感染。重症化して亡くなってしまったことを、『Teesside Live』などイギリスのメディアが報じた。



 

 

■予約を取り直せなかった男性

イギリスで暮らす男性(34)は、愛情深い妻(33)と娘2人(10、5)に恵まれて幸せに暮らしていた。そんな中、新型コロナウイルスワクチンの接種が可能な時期が来たというが、男性はその少し前に献血を予約してあったため、そちらを優先することにした。

それが済んだあとワクチンを接種しようと考えたが、今度は予約をなかなか取ることができず、男性は困り果てた。しかもしばらくすると体調が悪くなったため検査を受けたところ、結果は「新型コロナ陽性」。男性の家族全員の感染も明らかになった。


関連記事:小池都知事、新たなコロナ対策を提案 職域接種は「重症化率の高い50代中心に…」

 

■いきなりの重症化

この時点で妻は「1週間もすれば以前と変わらない暮らしに戻れる」と楽観していたが、男性の体調は急激に悪化した。

男性は感染直前まで元気で、基礎疾患もなかったという。にもかかわらず重症化して集中治療室に移され、3週間の闘病を経て10日に息を引き取った。妻、そしてかわいい娘2人は、あまりにも突然に大切な家族を失った。

次ページ
■医療スタッフに感謝

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

看護師募金予約検査感謝ワクチン体調集中治療室献血新型コロナウイルス重症化陽性接種翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング