ふかわりょう、内山信二が嫌悪の”焼ハラ”に同調 「自分のタイミングで…」

60種類もあるというハラスメントについて議論した『バラいろダンディ』。内山信二が「焼ハラ」を語ると、ふかわりょうも同調。

2021/08/26 02:10

ふかわりょう

25日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、ふかわりょうと内山信二が「焼き肉ハラスメント」について熱く語った。



 

■ハラスメントについて議論

シニアの「ロックハラスメント」が広がっているという記事から、60種類にも及ぶハラスメントを紹介した『バラいろダンディ』。

清原博弁護士は「言葉を作ることによって気づくんですよ。典型例がマタハラなんですよね、マタニティハラスメント。今までそういうものがあるとは全然、とくに男は知らなかったんだけども、そういう言葉ができたことによって、僕ら法律家も『なるほどね、そういうふうな受け止め方もあるんだ』」と語る。

そして、「ハラスメントが多いと言われるけども、やっぱり、そういうふうななかで、気づきがあるから、僕はそれはね良いことかなと思っていますけどね」とコメントした。


関連記事:ふかわりょう、ギャラへの熱いこだわりに反響 「年収気にしたことない」

 

■内山が「焼ハラ」を口に

ふかわりょうから「自身のハラスメント経験」を聞かれた内山は「僕らでいうと、焼ハラが結構あるんですよね、焼き肉ハラスメント」と話す。そして、「今だよ、今だよ食べるの、その話をしている場合じゃない、今食べなさいみたいなことを言ってしまう方」と内容を説明。

納得した様子のふかわは「たまに頑固な店主が、全部総括している人もいますよね、自分のタイミングで行けないっていう」と同調。内山は「あれもちょっと、焼ハラでしょうね」と話していた。

次ページ
■焼き肉奉行は嫌われる?
議論ハラスメント焼き肉ふかわりょうバラいろダンディ内山信二清原博弁護士
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング