ふかわりょう、内山信二が嫌悪の”焼ハラ”に同調 「自分のタイミングで…」

60種類もあるというハラスメントについて議論した『バラいろダンディ』。内山信二が「焼ハラ」を語ると、ふかわりょうも同調。

2021/08/26 02:10


 

■焼き肉奉行は嫌われる?

内山が告白した焼ハラ。焼き加減や食べるタイミングなどを指示するもので、一般的に「焼き肉奉行」ともいわれる。そんな焼き肉奉行を「ハラスメント」と感じる人は一定数存在。とくに異性からの指示は、不愉快と感じやすいと聞く。

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,376名対象に実施した調査でも、女性を中心に各世代で2~4割が「焼き肉奉行は迷惑」と回答した。

焼肉奉行

もちろん同性でも、不快と感じる人は少なくないはずだ。


関連記事:『めざまし』コロナ禍で誕生した「リモハラ」 視聴者から多くの反響

 

■種類を認識したほうがいい?

増え続けるハラスメントに異議を唱える人も多いが、清原弁護士が指摘したように、言葉ができて認識が広がることで、不快と感じる行為が減る効果もある。

相手に不愉快な思いをさせないためにも、ハラスメントの種類は、ある程度認識したほうがいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→美川憲一、『バラダン』生放送でサソリを完食 内山信二は意外な感想を口に

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,376名(有効回答数)

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

議論ハラスメント焼き肉ふかわりょうバラいろダンディ内山信二清原博弁護士
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング