高齢者の餌やりが原因で近隣が鳥だらけに 「まるでヒッチコック映画」と住民悲鳴

ある高齢者が鳥の餌やりを続けた結果、近隣住民はふん害などに耐えるはめになった。

2021/08/27 06:00

鳩・ハト・大群

女性が鳥に餌をやり始めた結果、腹をすかせた大群が集まるように。そのせいで隣人たちが多大なる迷惑を被ったことを、『Metro』などイギリスのメディアが伝えた



 

■餌やりを続けた女性

ウェールズで暮らす71歳の女性は鳥が好きで、たびたび餌付けをしては食べる様子を眺めていた。そのうちに餌を求めて集まる鳥がどんどん増え、女性宅の近くに100羽ほどが飛んでくるようになった。

鳥はあちこちにふんを落とし、時には近隣住民を狙うように。周辺には餌の残りを狙う害獣・害虫も現れるようになり、隣人たちは自宅の庭でくつろぐこともできなくなってしまった。


関連記事:「木に不気味な生き物が」と女性が大パニックに 正体判明で癒される人続出

 

■隣人らの不満が爆発

「アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『鳥』のワンシーンのよう」と語る隣人たちは、どれほど困っているかを自治体に伝えることにした。

「汚物が自宅の窓、車、そして私たちにまで降りかかるんです」と被害を語る人、「鳩やカモメが飛んでくるため、庭でバーベキューなどを楽しむこともできません」「いきなり鳥に襲われ、食べ物を狙われることもあるのです」と話す人もいた。

次ページ
■罰金を支払うことに

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

マナーモラル自治体罰金ルール高齢者隣人餌付け害虫近所迷惑出廷餌やり害獣翻訳記事反社会的行為アルフレッド・ヒッチコックふん害
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング