浮気を疑い婚約解消を望んだ男 「妻にして」と迫られ相手女性を焼殺未遂

結婚式が数ヶ月後に迫る中、婚約者を疑うようになった男。それが原因で愛が冷め、殺意に…。

2021/08/28 14:00

放火・ライター・炎

順調な交際を経て恋人と結婚する予定だった男が、「この女は浮気しているのではないか」と疑うように。愛情も冷めきったため婚約解消を望んだが、拒否され凶行に及んだことを、『Telangana Today』『Times Now』などインドの複数メディアが報じた。



 

■婚約から一転した愛情

インドでバンの運転手として働いていた男(24)が、約2年前にある女性(21)と恋に落ち、交際をスタートした。親族もふたりの関係を認めたことから、今月に入り正式に婚約。10月には結婚する方向で話がまとまったという。

しかし、男はある疑いを持つようになった。それは「この女は他の男とも良い仲になっているんじゃないか」というもので、裏切られたと感じた男は、女性と結婚することがイヤでたまらなくなったという。


関連記事:子持ち女性が元婚約者からリベンジポルノ被害 自殺未遂に追い込まれる事態へ

 

■嫌悪感が殺意に

男は女性をたびたび責め、口論を繰り返すように。耐えられなくなった男は婚約解消を提案したが、女性とその家族はそれを受け入れようとしなかった。

「どうしても結婚する方向で…」と譲らない女性たちを男は恨むようになり、ついには「死ねばいい」と思うように。そこで男は先日ガソリンを用意し、深夜に女性宅を訪問。女性の体に浴びせかけ、火を放った。

次ページ
■甥ら親族も巻き込まれ…

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

結婚浮気交際逮捕ガソリン通報親族殺人未遂婚約やけど婚約解消搬送殺意婚約者身柄確保拒否翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング