携帯電話の充電器で2歳女児が感電死 日本の電圧は世界で低い100ボルトだが…

感電事故は、命が助かっても長期にわたる治療が必要になったり、重い後遺症が残ることも…。

2021/08/28 13:30

スマホ・スマートフォン・携帯・携帯電話・充電器・充電・コンセント

ブラジルで、幼い女の子が携帯電話の充電器に触れたことが原因で、不幸にも死亡した。親のちょっとした不注意で起きた、悲劇的な感電事故だったという。『G1 Globo』『The Sun』など海外メディアが報じている。



 

■突然倒れた2歳の娘

事故は、ブラジル北東部セアラ州のエレレから伝えられた。23日、サラ・アルヴェス・デ・アルバカーキーちゃんという2歳の女の子が自宅で突然倒れ、救急搬送された。親の手元から離れ、1人で好きなように行動しているときの突然の出来事だった。

サラちゃんは心肺停止の状態で運ばれており、医師たちの懸命な蘇生措置にもかかわらず、息を吹き返すことはなかった。


関連記事:『スッキリ』スマホを充電するときに「やってはいけないこと」 スタジオ驚き

 

■電気が流れていた充電器

すぐそばに携帯電話の充電器のコードがあり、プラグがコンセントにさしてあったったことから、サラちゃんの死は感電事故が強く疑われている。

警察は今、サラちゃんがコードの先端にどう触れたのか、口に入れたのか、また、親は常に充電器をコンセントにさしたまま放置していたのかなど、原因について詳しい調査を行っている。この国では昨年、355人が携帯電話に関連する感電事故で亡くなったという。

次ページ
■日本の電圧は低いが…

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

スマホスマートフォンブラジルコンセントコート充電電気充電器ロシアボルトバスルーム感電プラグ翻訳記事電圧感電事故
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング