新型コロナ重症化した妊婦が「奇跡を信じたい」 子供の無事願うSNS投稿の数日後に死亡

新型コロナワクチン接種を延期した妊婦。その後に感染し重症化したが、希望は最期まで捨てなかった。

2021/08/29 16:00

妊婦・妊娠・マスク・コロナ・新型コロナウイルス・消毒

「お腹の赤ちゃんは助からない」。医師にそう宣告された女性が、赤ちゃんの死後ほどなくして亡くなった。

その数日前にはSNSを更新し「子宮の中にいる赤ちゃんを守ってあげている。そう思っていたんです」と書き込んでいたことを、『People』などアメリカのメディアが報じた。女性はワクチン未接種だった。



 

 

■ワクチン接種を延期した妊婦

アメリカで暮らしていた看護師の女性(32)は、夫、そして2歳の娘と幸せに暮らしていた。第二子を妊娠し出産を楽しみにしていたが、新型コロナウイルスのワクチン接種が可能になった時点で、「今は打たない」「延期する」と決意した。

合併症を心配して下した決断だったというが、この女性はその後にウイルスに感染し、8月上旬に入院。この時点ですでに妊娠7ヶ月で、赤ちゃんの性別も判明し、名前も決めてあったという。


関連記事:クラスター発生で家族と婚約者が新型コロナ死 失意の女性がワクチン接種呼びかけ

 

■SNSに最後の投稿

お腹の赤ちゃんを心配していた女性は、9日にSNSを更新。「娘を子宮の中で守ってあげているとばかり思っていました」などと書き込んだ。

「今後どうなるかは、私にも分かっているのです」「でもまだ神様を信じている部分もあるし、奇跡が起こるよう祈っているの」とも思いをつづった。

次ページ
■赤ちゃんの後を追うように…

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

SNS赤ちゃん病院奇跡医師死亡投稿合併症ワクチン延期感染新型コロナウイルス重症化接種翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング