TBS・10月新ドラマ『日本沈没−希望の人−』 風吹ジュン、比嘉愛未、宮崎美子も出演

風吹ジュンが10月の日曜劇場『日本沈没』で主演・小栗旬の母役を演じることが発表された。

2021/08/29 12:00

日本沈没-希望の人-

女優の風吹ジュン比嘉愛未宮崎美子が、小栗旬主演の日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)の追加キャストとして発表された。



 

■小松左京の名作をリニューアル

同ドラマは1973年に刊行された作家の故・小松左京さんによる不朽の名作『日本沈没』(光文社)が原作。刊行の翌年にテレビドラマ化され、その後もドラマ、映画やアニメ、漫画などさまざまな形で語り継がれてきた。

刊行から48年の時を経て原作でも取り上げている「環境問題」を2021年バージョンに大きくアレンジを加え、登場人物をオリジナルキャラクターにし、2023年の東京を舞台に、今だからこそ描くべき物語、沈没という目に見えない危機が迫る中で「見いだしていく希望」をテーマに描く。


関連記事:TBSの10月新ドラマ『日本沈没−希望のひと−』 杉本哲太、風間杜夫らも出演

 

■家族の母がパーソナルな一面を引き出す

主演の小栗が演じるのは環境省代表の天海啓示、松山ケンイチが演じる経産省代表の常盤紘一。

ウエンツ瑛士が演じる厚労省代表の石塚平良と一緒に、仲村トオルが演じる総理大臣・東山栄一に招集される、日本の未来に立ち向かう日本未来推進会議メンバーのキャストに中村アン

内閣官房長官役に杉本哲太、経済団体連合会(経団連)会長に風間杜夫、副総理に石橋蓮司らレジェンド俳優の出演も発表されている。

今回発表された追加キャストは、天海の母・佳恵役で風吹、天海の妻・香織役で比嘉、杏が演じる椎名の母・和子役で宮崎。それぞれの家族の母を演じパーソナルな一面を見せる。

【動画】『日本沈没』出演者インタビュー

次ページ
■主人公・天海の母役に風吹ジュン

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

小栗旬松山ケンイチ比嘉愛未ウエンツ瑛士中村アン風吹ジュン仲村トオル宮崎美子小松左京天海啓示常盤紘一石塚平良東山栄一日本沈没日本沈没−希望の人−
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング