東国原英夫、衆院9月解散に否定的 総裁選は「複数候補者が政策論争すべき」

元衆議院議員の東国原英夫が9月解散に否定的見解を明らかにした。

2021/08/29 16:15


 

■次期首相候補の政策に関心

東国原は次期総理大臣候補のコロナ対策や経済対策などの政策に関心を寄せた。衆議院の解散により与党の議席数が過半数を割ってしまえば野党から総理大臣が指名される可能性も残されている。しかし東国原はそれについては「ないと思う」と否定した。


関連記事:東国原英夫、コロナ検査数の限界に疑問 「潜在感染者は首都圏数万人」の可能性

 

■「いくら論争しても…」

自民党の総裁選に積極的な論争をするべきだと考える東国原に対し、ツイッターの反応は否定的だ。

「いくら政策論争しても、実行しなければ」「論争しても手遅れだと思います」と、どれだけ議論をして良い政策を打ち出したとしても行動が伴わなくては意味がないという意見が多く見られた。

コロナ対策の遅れから深刻な支持率の低下を見せている菅内閣だが自民党の総裁選や衆議院の解散総選挙を前に名誉挽回となるのだろうか。その後の展開にも注目したい。

・合わせて読みたい→東国原英夫、2022年予定の北京五輪に疑問呈する 「人権侵害は言語道断」

(文/しらべぇ編集部・綾崎 かなめ

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

Twitter東国原英夫社会保障経済対策緊急事態宣言コロナ対策自民党総裁選デルタ株元衆議院議員元宮崎県知事衆議院解散外交防衛
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング