城島茂、10年ぶりのDASH村で決意表明 技術と知恵の伝承に感動の声

岸優太、森本慎太郎とともに福島DASH村に足を踏み入れた城島茂。そこで彼らが見たものとは…。

2021/08/29 23:10

TOKIO・城島茂

29日の『ザ!鉄腕!!DASH!!』(日本テレビ系)は、福島DASH村。城島茂が後輩を引き連れ、10年半ぶりにDASH村を訪れた。



 

■10年半ぶりのDASH村

東日本大震災が発生した2011年3月11年以来訪れることができなかったDASH村に向かうことになった城島と岸優太、森本慎太郎。

3人は下半身に防護服を着用し、2時間の制限で足を踏み入れる。城島は10年ぶりに見たDASH村に「変わらんね」「前来たとき20代やもん僕。それが今50代やで、そう考えるとすごいなあ」と話す。

一方DASH村を初めて訪れた岸と森本は「テレビで見たところですよ」「全部作ったんですもんね」と驚いていた。


関連記事:城島茂、10年ぶりのDASH村で見つけたモノ 「生々しい」と驚きの声

 

■「北登」も登場

その後番組は城島が後輩の2人にTOKIOが総力を結集して作った村を紹介しつつ、かつてのVTRを交えて製造過程などを振り返った。

三瓶明雄さんに教えを受けながらトマトや人参、かぼちゃなどの野菜を作り収穫する様子や、TOKIOや視聴者に愛された柴犬「北登」も登場し、駆け回るシーンが流れる。

また、DASH村のかまど作りの経験がDASH島の反射炉に活かされていることが、城島の口から語られた。

次ページ
■DASH村は「心の財産」

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

農業福島DASH村城島茂鉄腕DASH岸優太森本慎太郎
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング