前田健太投手、悩んだ末の「ご報告」に反響 野球人生を続けていくために…

今季、肘の痛みに悩まされた前田投手。自身のツイッターで明らかにした決断の内容に応援の声が集まっている。

2021/08/30 12:15

前田健太

ミネソタ・ツインズに所属する前田健太投手が、29日夜に自身の公式ツイッターを更新。「ご報告です」と綴られた投稿内容に、ファンからは応援の声が寄せられている。



 

■今後の野球人生のための決断

投稿に添付されていたのは、スマートフォンのメモアプリに記された「この度、右肘の手術を受ける事になりました」という一行から始まる長文。

今シーズンの初めごろから継続して肘の痛みを訴えてきたという前田だが、今後の野球人生をより長く続けるために、今回大きな決断に至ったようだ。


関連記事:前田健太投手、日本球界復帰を示唆 「最後は日本で終わりたい」

 

■「必ず強くなって戻ってきます」

8年契約の6年目となる今季は、初めて開幕投手に選ばれるなどしていた前田。その陰には、肘の痛みとの戦いがあったようだ。投稿では「今まで大きな怪我なく、ここまで投げ続けることが出来ていた自分がまさかこのタイミングで」とショックを受けた旨が綴られている。

当然不安な気持ちもあるというが、この手術は「目標である200勝を達成する」ためのものであり、決してネガティブな判断ではないのだそう。

心配するファンや関係者に向けて「必ず強くなって戻ってきます」「ネガティブな言葉ではなくポジティブな言葉をかけて頂けると嬉しいです」とメッセージを送った。


■「野球界の宝」と応援の声

広島カープ時代には、投手三冠王を達成し、また2度の沢村栄治賞を受賞している前田。実力は言わずもがな、両腕をクロールのように素早く回す「マエケン体操」も人気で、野球に明るくない人からも愛されている。

今回の前田の決断に、ファンからは「マエケンさんなら大丈夫!」「あなたは野球界の宝。必ず復活してくれると信じてます」「またマウンドで輝いてくれる日を楽しみにしてます」といった声が。リプライ欄は、前田が期待したとおり「ポジティブな言葉」であふれ返っている。

来月1日に予定されているという肘の手術。無事に終わったあかつきには、自身のYouTubeチャンネル「マエケン チャンネル」にて経緯や心境について、詳しく報告するという。

・合わせて読みたい→前田敦子、ファンクラブのラストイベント終了 「次は1年以内に…」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

野球ツイッター広島カープ手術前田健太メジャーリーグ報告ミネソタツインズ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング