お尻に新型コロナワクチン打つ試みをブラジルで展開 「あまり痛くない」と好評

その取り組みについて、小児感染症の権威は「臀部でもワクチンの有効性は変わらない」と賛同している。

2021/09/01 15:00

コロナワクチン

ブラジルのある都市で、新型コロナウイルスワクチンを、腕ではなく臀部(尻)の筋肉にする試みが広がり、なかなか好評だという。『FOLHA DE S.PAULO』が報じ、『Washington Post』など海外メディアがそれに続いている。



 

■「それならお尻はどうか」

筋肉注射の接種というと、打たれる場所は腕、臀部、太ももの3カ所のうち、最もふさわしいどれかになる。しかし新型コロナウイルスワクチンでは、眠れないほど、また仕事に支障が出るほど肩や腕が痛くなる人が続出している。

「それならお尻はどうだろう。肩より痛くないはずだ」と考えたのは、ブラジル・サンタカタリーナ州ジョインヴィレ(Joinville)市の保健局だ。


関連記事:舛添要一前都知事、2回目ワクチン接種の経過を報告 「筋肉痛も消え去り快適」

 

■被接種者の希望次第

こうして始まった、臀部の筋肉へのワクチン接種。ローラ・ブラスさんという25歳の女性が、接種する写真をTwitterに投稿したところ、「お尻といっても、そのあたりなら出しても恥ずかしくない」と話題に。

その取り組みは強制的ではなく、あくまでも被接種者の希望に応じて行われるものだが、実際のところ「あまり痛くならない」と好評だという。

次ページ
■ちょっとズボンを下げるだけ

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

ブラジル血管ワクチン神経新型コロナウイルス接種翻訳記事臀部保健局サンタカタリーナジョインヴィレ免疫細胞筋肉注射有効性排卵誘発剤
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング