大谷翔平選手の活躍で“ホームスチール”がトレンド入り 「もはや異次元」の声も

今日は走りで魅せた大谷翔平選手。2盗塁を決め、今季の盗塁数はア・リーグ3位まで上昇。

大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は1日(現地時間8月31日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦にスタメン出場。



 

■2盗塁を記録

この日は先発登板の予定だったが、8月28日のサンティエゴ・パドレス戦で速球を右手首付近に受けたことから登板を回避し、「2番・DH」でスタメン出場した。

初回の第1打席は、外角高めのストレートを打つもライトフライに打ち取られる。4回の1点ビハインド、無死1塁で迎えた第2打席ではフルカウントから四球を選んで出塁。そして1死1、2塁からダブルスチールを決めてチャンスを演出すると、ジャレット・ウォルシュ内野手が本塁打を放ち逆転に成功する。

2死2、3塁で迎えた5回の第3打席でも四球で出塁し、すかさず3番のフィル・ゴゼリン内野手が2点タイムリー。場面は1、3塁に変わり、1塁ランナーのゴゼリン内野手がニ盗を試みると、ボールが2塁へ送球された瞬間に大谷選手がスタートを切って本塁に生還した。


関連記事:大谷翔平選手、2試合連続安打でチームも快勝 すでにファンは明日を心待ちに…

 

■「ホームスチール」がトレンド入り

ヒットこそ出なかったものの、2出塁2盗塁と走りで存在感を示した大谷選手。ツイッター上では、「ホームスチール」がトレンド入りをはたす。

本塁打ばかり注目されるが、今季の盗塁数はア・リーグ3位の22個を記録。10勝50本塁打30盗塁という、とてつもない記録も現実的になってきた。

次ページ
■「もはや異次元」の声

→【Kindle本 最大60%OFF】 2022年目標応援セール

MLB大谷翔平ニューヨーク・ヤンキースロサンゼルス・エンゼルス本塁打王エンゼル・スタジアム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング