動物愛護家のモデルがヒョウの檻に入り惨劇 顔・耳・頭を噛まれ重傷

頭部全体に重傷を負った女性は出血多量で意識を失い、ヘリコプターで病院に空輸された。

2021/09/02 19:00

ヒョウ・動物園

ドイツ・ザクセンアンハルト州の動物保護センターで、ヒョウの檻に入って一緒にポーズをとろうとした女性モデルが、ヒョウに激しく攻撃されて頭部に重傷を負い、病院に救急搬送された。カナダの『Global News』、アメリカの『NEW YORK POST』などが報じている。



 

■モデルは熱心な動物愛護家

事故が起きたのは、ザクセンアンハルト州ブルゲンラントクライス地区のネブラという町にある『Seniorenresidenz für Showtiere』。ここは、ショービズの世界で長いこと活躍して引退した、高齢の動物たちを引き取って世話する動物保護センターだ。

同センターに、かねてから熱心な動物愛護家として知られていたセクシーモデルのジェシカ・レイドルフさん(36)が、仕事を兼ねて訪問。動物たちと触れ合う写真を撮影するなか、予期せぬ事故が起きた。


関連記事:ホワイトタイガーに襲われ21歳女性が死亡 事故の可能性や遺伝的問題も

 

■檻には高齢のヒョウが2頭

ジェシカさんは美しいヒョウ2頭を発見し、一緒にポーズをとることにした。彼らは2019年にショーを引退し、同センターに引き取られてきた16歳のトロージャと、18歳のパリス。パナソニック社のテレビCMにも起用されたペアだという。

自宅で馬、猫、オウム、ハトなどを飼育しているジェシカさんは、「2頭は人によく慣れ、知能が高く高齢でおとなしい」といった飼育員の説明に、嬉々として檻に入ったことがわかっている。

次ページ
■出血多量で意識を失う

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

動物引退ドイツモデル高齢写真撮影サーカス緊急手術重傷出血多量調教ヒョウ動物保護翻訳記事ザクセンアンハルト動物愛護家Seniorenresidenz für Showtiereジェシカ・レイドルフ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング