10週間で3種類のコロナワクチンを計5回接種 不正行為発覚した男に激怒の声

がむしゃらに5回も接種した新型コロナワクチン。その後の健康被害は心配しなかったのだろうか。

2021/09/02 18:00

ワクチン・接種・注射

念には念を…ということだったのだろうか。このたびブラジルで、ある男が短期間で少なくとも5回の新型コロナウイルスワクチンを、不正に接種してもらっていたことが発覚。国民から大変な怒りを買っていることを、『Oddity Central』など海外メディアが報じている。



 

■ワクチンを5回も接種

ブラジルのリオデジャネイロ市でこのたび、ある男がわずか10週間で3種類の新型コロナウイルスワクチンを、少なくとも5回接種していたことが発覚した。

プライバシー保護のため男の氏名は明らかにされていないが、調査した機関に対しては「確実にかからないようにするためだった」と話しているという。


関連記事:お尻に新型コロナワクチン打つ試みをブラジルで展開 「あまり痛くない」と好評

 

■6回目を予約するも…

男は今年5月12日に、1回目としてファイザー製ワクチンを接種。その後、6月5日にアストラゼネカ製ワクチンを、同月17日には中国・シノバック製の不活化ワクチン「コロナヴァク」を追加で接種した。

さらに7月9日にファイザー製の2回目を、続く21日にはコロナヴァクの2回目を接種。こうして計5回のワクチンを打ってもらっていた。そして8月に6回目となる新たな予約を入れようとして、ついにこの事実が判明したという。

次ページ
■「システムのバグかと…」
ブラジル予約リオデジャネイロ不足ワクチンシステム新型コロナウイルスコロナ接種翻訳記事アストラゼネカファイザーシノファームコロナヴァクシノバック自己申告
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング