菅義偉首相、岸田文雄幹事長で総裁選延期を画策も失敗か 戦えば岸田氏に勝算も

「衆院解散で総裁選延期」との観測気球も一日で萎み、有力候補の岸田前政調会長は戦闘モードのようだ。

2021/09/02 05:30

菅義偉・岸田文雄

菅義偉首相が解散の時期を表明するのではないか。自民党総裁選を延期するのではないか。記者は固唾をのんで、菅首相による官邸のぶら下がり取材に臨んだ。



 

■菅首相は否定

しかし菅氏は開口一番、「今のような厳しい状況では解散できる状況ではない」と語り、総裁選については「先送りも考えていない」と述べた。

首相は「新型コロナウイルス対策が最優先だから、そんな状況にはない」と述べ、解散を否定。夕方のニュースでも夜のニュースでもそのシーンが流れた。


関連記事:菅義偉首相に痛恨の一撃 横浜市長選で野党統一候補・山中竹春氏が圧勝

 

■投開票の日程は…

総選挙の日程としてあがっているのが3つ。10月5日公示、17日投開票。この場合、任期満了選挙となる。三木武夫首相のもとで行われた選挙以来。

次が12日公示、24日投開票。この場合は冒頭解散も含めて臨時国会を招集し、首相が解散することになる。参議院補選と同じ投開票日に当たる。

最後がウルトラCで11月16日公示で28日投開票。臨時国会を開いて首相が解散を宣言した場合、もっとも遅い日程がこれだ。法的には問題ないが、任期満了の日を過ぎた前衆院議員による内閣には、正統性が問われかねないことを指摘したい。

次ページ
■岸田氏は「幹事長は受けない」
総選挙自民党味マルジュウ首相衆議院総裁選森喜朗幹事長菅義偉加藤の乱岸田文雄政調会長三木武夫山崎拓野中広務
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング