試食品目当てでデート相手に葬儀用花を贈る… こんなドケチ男性はアリ?

ここまで節約する男性はアリかナシか…。大半の女性が「ナシ」と答えるのではないだろうか。

2021/09/03 18:40

節約・ケチ

アメリカ国内において、最も物価が高いといわれるニューヨーク。金を持たない者がここで暮らすには、節約のための工夫と苦労がつきまとう。

今、そんなニューヨークで1人の男性が話題になっている。彼が、ここ一番という大切なデートに持って行く花は…? イギリスの『THE Sun』など、海外メディアが面白い話題を報じた。



 

■プレゼントの花の出所は…

男性の名はマットさん。物価も家賃もべらぼうに高いニューヨークで、少しでも生活費を抑えようと日々涙ぐましい工夫をしているそうだ。

しかし、素敵な女性とのデートでは、花束を忘れるわけにはいかないと考えたようだ。そこでマットさんが目に付けたのは、アパートの真横にある葬儀場だった


関連記事:花束から可愛いフルーツまで… 中村愛がお勧めする「女性が確実に喜ぶプレゼント」5選

 

■女性たちは「綺麗ね」

マットさんは、街角で3,000円ほどの値で販売されている花束には手が出ない。そこで、葬儀が済むと山積みになって捨てられるが、まだ生き生きとして美しい花束を少し分けてもらい、それを束にしてデートに持って行く。

葬儀用の花とは気付かず、女性たちは綺麗だと大喜び。「違いなんて分からないんだろうね。花は花なんだから」とマットさんは話している。

次ページ
■無料の前菜と試食品が頼り
デート夜景節約レストランアメリカ無料ニューヨーク試食花束ディナー生活費クルーズサルサ工夫高級店クルーズ船葬儀場節約術翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング