ワクチン副反応と思い込み病院には行かず がん発症に気づかなかった女性が死亡

「副反応で体調を崩した」と信じ、医師に相談せずにいた女性。その判断が、死期に影響を与えた可能性も…?

2021/09/03 06:00

新型コロナウイルス・ワクチン接種

倦怠感や体の痛みを感じていたものの、「コロナワクチンの副反応だわ」と考えていた女性。しかし長引く不調の原因がワクチンではなかったことを、『Manchester Evening News』などイギリスのメディアが伝えた。



 

■ワクチンを接種した女性

イギリスで暮らしていたヴィヴィアン・ホランドさん(72)は年齢よりも若く見え、息子のイアンさんも驚くほど元気があった。

新型コロナウイルス感染も「ぜひ予防したい」と考え、ワクチンを接種。その後は体に痛みを感じるようになったというが、ヴィヴィアンさんは「きっとワクチンの副作用ね」「病院には行かなくても大丈夫」と考えていたという。

医師に相談することもなく様子を見ていたが、ヴィヴィアンさんの体調は良くなるどころか急速に悪化した。


関連記事:モデルナワクチン接種4日後に30代米女性が死亡 アナフィラキシーの1割は重篤化

 

■検査で判明した病気は…

イアンさんには体調について相談したヴィヴィアンさんは、「いつもの調子とはまるで違うの」「私、いったいどうしちゃったのかしら」と不安な様子を見せた。

そのうち食欲もすっかりなくなり歩行も困難になったため、ヴィヴィアンさんはようやく病院に行き診察を受けることに。その結果、体調不良の原因はワクチンではなく、がんであることが明らかになった。

胃、そして肝臓にもがんが見つかったが、その時点ですでに手遅れの状態だったようだ。

次ページ
■数週後に訪れた死

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

病院勘違い相談痛みがん食欲ワクチン思い込み体調胃がん衰弱新型コロナウイルス接種翻訳記事副反応歩行困難肝臓がん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング