タバコ店主が幼女5名に性的暴行 母親が「無料」の交換条件で娘たちを差し出す

「娘を差し出せばタバコ代がタダに」などという、恐ろしい交換条件に乗る母親がいるとは…。

2021/09/04 12:30

タバコ・喫煙・女性

「貧しい家庭に生まれ女の子には、人権などないに等しい」などと表現されることがあるインド。利己主義な大人たちのせいで、不幸や犠牲を背負うのは大概が娘たちだという。そんな事件の話題を『Times of India』『Times Now News』などインドのメディアが報じ、波紋を広げている。



 

 

■店主ばかりか母親も逮捕

このほどインド・タミルナードゥ州の州都チェンナイで、タバコ販売店を経営するペルマルという48歳の男が、未成年者への性的暴行容疑で逮捕された。

幼い女の子5名に暴行を働いたことを本人も認めたが、供述のなかで「母親たちは了承している。タバコ代が無料になるならと言って、娘たちを差し出してきた」と話したことから、母親2名も事情聴取の末に逮捕されている。


関連記事:妻の2歳連れ子を1ヶ月も暴行し死なせた養父 「あの子は俺のサンドバッグ」

 

■携帯電話に多数の性的動画

この事件は、ペルマル容疑者が禁じられているタバコ『グトゥカ』を販売しているという情報を受け、当局の抜き打ち調査が入ったことで発覚した。

警察が携帯電話を押収して確認したところ、4歳から13歳までの女の子5名に乱暴を働く動画が、50本近く保存されていた。当初は、児童ポルノサイトからのダウンロードだと考えられていたが、ある1本にペルマル容疑者の姿が映っていることに警察が気づいたという。

次ページ
■「無料」に釣られる女たち
タバコインド母親動画話題強姦性的暴行性的虐待性的搾取交換条件翻訳記事タバコ販売店グトゥカ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない