全農紹介の「フルーツ牛乳寒天」レシピ シャインマスカットの甘さが光る

皮ごと食べられて人気のぶどう・シャインマスカットとみかんの缶詰でつくった牛乳寒天のレシピとは。

2021/09/04 16:20


 

■デメリットが見当たらない

今大人気のシャインマスカットの魅力は、非常に甘く種なしで皮ごと食べられて、マスカットの香りも楽しめることだ。そのため、デザートなどに数多く使用されている。

農林水産省によると、2018年生産量第1位が山梨県(469トン)、続いて長野県(389トン)、第3位が山形県(173トン)。

シャインマスカット

JA全農長野の担当者は、「作りやすい・売りやすい・品質にぶれがない・シーズンが長い、味も値段も良いなど、シャインマスカットのデメリットが見当たらない」と話す。


関連記事:全農おすすめ、レタスは「焼いて粉チーズ」が絶品 出荷量日本一・JA長野の想いも聞いた

 

■消費者が求めているため

また、「値段が高いのはあくまで消費者が求めているためで、需要に対して供給が足りていない状態」と語る。長野県では北信地区を中心に9月中旬から10月頃まで出荷される。

食べかたについては、「房の肩のほうに甘みが強いため、房の下のほうから食べ始めると最後までおいしく食べられる。産地としてはあくまで生で食べることをオススメする」と述べた。


■全農フルーツ牛乳寒天レシピ

・合わせて読みたい→全農が紹介した「三つ葉をもりもり食べるレシピ」 江戸時代から栽培される魅力

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

スイーツレシピぶどうデザート山形牛乳長野山梨全農シャインマスカットもも
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング