『アッコにおまかせ』専門家が警鐘 「ワクチン接種で絶対にやめるべきこと」とは

『アッコにおまかせ!』では「短期間でのワクチン連続接種」がテーマに。その危険性を専門家が語った。

2021/09/05 14:00

和田アキ子

5日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、新型コロナウイルスのワクチン接種がテーマに。長野保健医療大学の特任教授・北村義浩氏が注意すべきことについて語り、視聴者の注目を集めた。



 

■ワクチン4回接種の男性

今回番組で取り上げたのは、ワクチンの連続接種について。週刊誌に掲載されていた内容で、ある80代男性が、注意や指摘を無視して4回の接種を受けた問題について扱われた。

男性は医療機関に出入りする仕事をしていて、医療従事者向けの先行接種を受けた際に「高齢者の接種券は破棄してください」と言われていたにも関わらず、それを無視して3回目以降も接種したのだという。

この問題について、カンニング竹山は「何回も打ちたい気持ちは分かるけど、何よりも打つ過程がダメでしょ」と断罪し、ニューヨーク・屋敷裕政は「良くないとは思うけど、めちゃくちゃ不安なんやろなってのもちょっとは分かる」と話すなど、さまざまな意見が上がった。


関連記事:モト冬樹、1回目のコロナワクチン接種を報告 「不安もありましたが…」

 

■「絶対にやめるべき」

さらに番組では、この短期間での連続接種について、専門家の北村氏に取材。その見解は「短い期間での4回接種は、安全性の確認ができておらず、不測の事態も考えられるので絶対にやめるべき」というもの。

「国や自治体は身勝手な連続接種への対策を講じるべきでしょう」とつづけた。さらに破棄すべき接種券を使って追加接種をすることについて、弁護士・菊地幸夫氏は、法律の観点からも問題があるコメント。

とくに今回の男性の場合は「(捨てるべき高齢者向け接種券を使っていて)人を騙したことになるので、(中略)詐欺罪に問われる可能性」があるのだそう。


■和田も「本当に破棄して」

両者の解説を受け「気をつけてください、本当に」とカメラ目線で語った和田。自身も、年齢や健康面から「(接種券を)残しておこう」と考える気持ちが分かるとしながらも、「本当に破棄してください」と訴えた。

専門家の警鐘に、視聴者からも「注意しなきゃ」「時間が経てば免疫が下がるっていうから、券を取っておきたくなるのは分かる」といったコメントが寄せられていた。

ワクチン接種以降の抗体量の減少や、2回接種後の感染など、ちらほら不安になるニュースが出てきている昨今。そんなときだからこそ自身の気持ちに流されず、専門家の意見などを聞いてしっかりと行動していくべきだろう。

・合わせて読みたい→高須院長、コロナワクチン打ち手不足の解消に特例法求める 「獣医でも消防士でも鍼灸師でも」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

和田アキ子ワクチンアッコにおまかせ!カンニング竹山屋敷裕政新型コロナウイルス北村義弘連続接種
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング