外国人常連客に気に入られたホテル従業員 多額の遺産を贈られいきなり裕福に

優しく迎えたベルボーイに、常連の外国人はとても感謝していたようだ。

2021/09/06 06:00

ベルボーイ・ホテル・ポーター

毎年ホテルを利用し、必ず同じ部屋に宿泊していた外国人客。その客が死亡しホテルの従業員に遺産を残していたことを、『The Mirror』などイギリスのメディアが伝えた。



 

■常連だった外国人客

トルコで暮らすタスキン・ダスダンさんは、1990年からホテルのベルボーイとして勤務。真面目に働くタスキンさんを、毎年やって来ては同じ部屋に宿泊していたイギリス人男性も、高く評価していたようだ。

その男性が、今年に入り死去。ホテルにも「亡くなりました」という連絡が入ったというが、タスキンさんはそのとき思いもよらぬ話を聞き腰を抜かした。


関連記事:東京女子が松山市でワーケーション体験 都会疲れからの解放と仕事が両立

 

■舞い込んだ遺産

亡くなった客は裕福だったらしく、遺産の配分については生前しっかりと考えてあったようだ。中でも気に入っていたタスキンさん、そしてタスキンさんの同僚たちにお金が渡るよう手配してあったというが、「大部分はタスキンさんにあげたい」と決めてあったという。

具体的な金額については伏せられているが、遺産を受け取ったタスキンさんはすぐに仕事を辞めても困らないほどお金持ちになったという。

タスキンさんはメディアの取材に対して、「あのお客様には家族のように扱っていただきました」「僕の子供たちの教育費に…とお金をくださったこともあったのです」と明かした。

次ページ
■仕事は続行へ

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

お金仕事出会い外国人観光客死亡遺産教育費翻訳記事ベルボーイ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング