「娘への性的暴行を許せなかった」 親友を殺害した父親に不起訴処分を求める声

親友の携帯電話に保存されていた、許されない画像や動画。容疑者は、そこに自分の娘の姿を発見した。

2021/09/07 18:00

親子・父・娘

長年にわたり、親友として付き合ってきたロシアの30代の男2人。そのうち妻子がいるほうの男は、独身の男が特殊な性的嗜好があるとも知らず家庭に招いていた。

そんな中で忌まわしい性犯罪が起き、殺人事件へと発展したことを、イギリスのメディア『The Sun』『Mail Online』などが報じている。



 

 

■長年の親友を殺害

事件は、ロシア・サマラ州のヴィンタイという村で起きた。ロケットエンジンの製造工場に勤務するヴャチェスラフ・M(34)が、長年の親友だったオレグ・スヴィリドフ(32)をナイフで殺害。死体を村の近くの雑木林に遺棄した。

その後、警察に身柄を拘束されたヴャチェスラフは、すべての容疑を認めている。


関連記事:養女を5年にわたり1000回近くも強姦 性的犯罪を繰り返す男の判決に注目集まる

 

■ふと覗いた携帯電話に…

供述によれば、事件があった日、ヴャチェスラフ容疑者はオレグと一緒に酒を飲んでいたという。

そしてあるとき、オレグの携帯電話を覗き込む機会があり、保存された動画の中に自分の娘の姿を発見。なんと当時8歳だった愛娘にオレグが性的暴行を働くという、予想だにしないものだった。

次ページ
■被害者は複数名
父親動画携帯電話話題親友ロシア不起訴処分性的暴行性的虐待小児性愛者翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング




生きてない