基礎疾患のない大学生が新型コロナ死 母は「ワクチン接種させるべきだった」と悲痛

まだ19歳。元気いっぱいだった女子大学生が死亡した。女性もその家族もワクチン未接種だった。

2021/09/08 08:30

入院・病室・女性

若者の新型コロナウイルス感染拡大が深刻化している。ある大学生も体調を崩し、感染が発覚。その19日後に死亡していたことを、『FOX 4 News Dallas-Fort Worth』などアメリカのメディアが伝えた。



 

■元気だった女性が重症化

アメリカ・テキサス州で暮らしていた女子大学生のブリアナ・グレイさん(19)が、体調を崩したため新型コロナウイルスの検査を受け、7月31日に陽性結果を得た。

ブリアナさんは若く基礎疾患もなかったが、体調は悪くなるいっぽうで、陽性判明から1週間後には入院。病院で治療を受け始めたものの回復することはなく、人工呼吸器が必要な状態まで悪化してしまった。ブリアナさん、そしてその家族全員がワクチン未接種だった。


関連記事:「ワクチン接種すべきだった」 コロナ感染し両肺移植を受けた男性が心境を告白

 

■急変に続き最悪の事態に…

どうにか持ちこたえていたブリアナさんだが、ある朝に病状が急変。そのわずか数時間後に帰らぬ人となった。感染発覚から、わずか19日。あまりにも早い死だった。

また母親のタビサさんは死去前に電話で話をしたというが、ブリアナさんはおびえきった様子だったという。

次ページ
■母親の悲しみと後悔
アメリカワクチン新型コロナウイルス重症化陽性基礎疾患翻訳記事未接種
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング