朝日奈央、ベッキーが抱えていた苦悩に共感 「家帰っては泣くよね」

『あちこちオードリー』でタレント・朝日奈央とベッキーが「泣いてしまう」日常について明かして…。

2021/09/09 09:20

朝日奈央・ベッキー

8日放送『あちこちオードリー』(テレビ東京系)にバラエティ番組で大活躍中の女性タレント・朝日奈央ベッキーが登場。明るい笑顔でテレビに出演する彼女らの闇が垣間見えるエピソードを披露し、大きな話題を集めている。



 

◼新旧バラエティクイーン

新旧バラエティクイーンと評される朝日とベッキー。まずベッキーが多忙を極めた20歳代を振り返っていく。

年400本以上のバラエティ番組に出演してきたベッキー。同番組の20年2月放送回では「30歳になって20歳代を振り返ったら、ほぼ毎日泣いていたの」「『笑っていいとも』の帰り道が楽しかったこと1度もない」と苦悩を明かしていた。

しかしオードリー・若林正恭はこの発言を疑問視。「20代、ほぼ毎日泣いてたってウソだと思う。楽しそうだったもん」と指摘すると、ベッキーは「あれはベッキーを演じていたんじゃない?」と反論する。


関連記事:朝日奈央、朝の目覚めが劇的に良くなった理由に注目 「ここ1週間くらい…」

 

◼ベッキーが泣く理由

「どういう涙?」と聞かれたベッキーは「ストレス」と笑いながら吐露。「でも別にキャラをそんな作っていたわけでもないんだけど、なんだろう、多分キャパオーバーになってたのかもしれない」と振り返る。

しかし「キャパオーバー」という言葉を知らず、「なんか泣いてた。イライラしたのも我慢しなくちゃ、生きるってこういうことだもんな」と自分に言い聞かせていたと告白した。

次ページ
◼朝日も泣く?

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

テレビストレス涙腺ベッキー多忙オードリー若林正恭朝日奈央あちこちオードリー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング