ダルビッシュ有投手が8勝目を記録 期待された大谷選手との直接対決は実現せず

ダルビッシュ投手が6回1失点の好投で8勝目をマーク。タティスJr選手の好プレーがチームを盛り上げた。

ダルビッシュ有

サンティエゴ・パドレスに所属するダルビッシュ有投手は9日(現地時間8日)、本拠地ペトコ・パークで行われたロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板し、8勝目をマークした。



 

■MLB通算79勝を記録

前回登板は序盤に相手打線に捕まり、3回途中に降板したが今日は違う。1番のデビッド・フレッチャー内野手から、3番のフィル・ゴゼリン内野手まで3者連続三振を奪い、最高の立ち上がりの見せたダルビッシュ投手。

2回はヒットと四球で1死1、3塁のピンチを招くが、7番のマックス・スタッシ捕手をライトフライに打ち取ると、ライトのフェルナンド・タティスJr選手がタッチアップを阻止して得点を許さない。

その後も安定した投球を展開し、6回3安打7奪三振1四球1失点で勝ち投手の権利を手にしてマウンドを降りた。後を受けたリリーフ陣が4失点したものの、8対5で勝利して8勝目をマーク。これでMLB通算79勝となり、日本人歴代2位の黒田博樹氏に並んだ。1位は野茂英雄氏の123勝となっている。

【動画】ダルビッシュ投手を助ける野手陣の好プレー


関連記事:大谷翔平選手、6回1失点の好投で6勝目 「10勝と本塁打王が狙えるのか」

 

■大谷選手との対決は…

期待された大谷翔平選手との直接対決だが、ベンチスタートで出場機会がなかったため、実現とはならなかった。

今季のエンゼルスとの対決はこれで最後となるため、直接対決は来季に持ち越されることに。MLBスター選手の2人、ファンを興奮させる熱い対決を期待したい。

次ページ
■ファンは投球内容を絶賛

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

MLB大谷翔平ダルビッシュ有直接対決サンディエゴ・パドレスロサンゼルス・エンゼルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング