新庄剛志氏、現役時代に使い続けたグローブの今を告白 「棺桶の中に入れて…」

新庄剛志氏、17年間使い続けたグローブについて語る。「お父さんの道具を大事にするっていう姿が頭にあった」。

2021/09/09 18:15


 

■心の中で生き続けている

気になる行方について、「お父さんが何年か前にガンで亡くなったんだけど、棺桶の中に入れて一緒に燃えていった。今はグローブと一緒にお父さんは野球やっているんじゃないかな」と優しい笑みを浮かべながら話す。

いつもド派手でファンが驚くような行動をする新庄氏だが、このときばかりは、ピュアな野球少年のようであった。きっとグローブと父親は、今も心の中で生き続けているのだろう。


関連記事:千鳥・大悟、高校時代の珍行動を懺悔 「先輩のグローブを部室のレンジで…」

 

■胸を打たれた人が…

新庄氏の熱い話にネットでは、「心に染みます」「感動です。私も頑張ろうという気持ちになりました」と胸を打たれた人が続出。

他には、「お父様の教えが今の生き方につながっているんですね」といった、素晴らしい親子関係に触れる声もみられた。

・合わせて読みたい→40代男性の6割が「日本人選手のMLB挑戦に賛成」 海外での活躍を期待

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

プロ野球YouTubeグローブ親子関係新庄剛志メジャーリーガー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング