迷い犬の引き取り後に元飼い主が「返して」 拒否した新飼い主の投稿が炎上

犬を探していた飼い主と、引き取って世話をしていた人物。犬はどちらと暮らすべきなのか…?


 

■元飼い主からの連絡を拒否

元飼い主はユーザーに犬と離れ離れになった経緯を明かし、「自宅で火事が起き、そのときに犬に逃げられてしまいました」と告白。この火災が原因で全てを失ったものの犬をあきらめきれず、必死に探していたのだという。

それでもユーザーは、犬の引き渡しを拒否。「うちのペットをお返しすることはできません」「定期的に写真を撮って送りますね」と伝えたところキレられたため、元飼い主からは一切連絡できないよう受信拒否設定したそうだ。


関連記事:動物保護団体の超イケメン職員が人気沸騰 保護犬の飼い主募集に一役

 

■多かった意見は…

この投稿を読んだ多くの人たちが「元飼い主がかわいそう」とコメントし、「その犬はあなたのものじゃない」「犬がほしいならシェルターでもらえばいい」と書き込んだ。

法的にはこのユーザーに犬の権利は渡っているというが、事情が事情だけに、元飼い主を気の毒だと考える人もいる。7ヶ月世話してきた犬を手放すことはできないというユーザーだが、「返さない」という対応は果たして正しいのだろうか。

・合わせて読みたい→動物保護団体の超イケメン職員が人気沸騰 保護犬の飼い主募集に一役

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

動物SNSペット話題飼い主reddit火事翻訳記事動物管理局受信拒否
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング