マクドナルドのドライブスルーは牛と一緒に… 酪農地帯ならではの珍動画が話題

車で順番待ちをしていた女性が、ある生き物を乗せている1台に目を奪われた。

牛・子牛

アメリカのウィスコンシン州は、全米でも有数の酪農地帯である。その酪農地帯ならではの衝撃の光景が、マクドナルドのドライブスルーで目撃されたという。現地メディア『People』などが報じた。



 

■ドライブスルーで衝撃の光景

ウィスコンシン州モズニー在住のジェシカ・ネルソンさんがある日、マクドナルドのドライブスルーに立ち寄ったところ、順番を待つ車列の中に牛が乗っている車があったという。

最初は偽物だと思っていたジェシカさんは、車の後部座席で牛の頭が実際に動くのを目の当たりし、急いで撮影を開始した。


関連記事:「クルーにキレないで」 米マクドナルドの張り紙が正直すぎると話題に

 

■酪農で有名な地ならでは?

「本物の牛! ウィスコンシンに住んでいると言うまでもなく、ウィスコンシンに住んでいることの証明ができてしまった!」と、ジェシカさんはその衝撃の光景を自身のFacebookに投稿した。

その動画で牛は、時折まばたきをしたり首をかしげたりする以外は、おとなしくしている車に乗っていた。

次ページ
■投稿から新たな事実が判明

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

Facebookオークションアメリカマクドナルド話題ドライブスルー酪農翻訳記事ウィスコンシン州
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング