プラットホームから転落した男性が15分救助されず… 電車にひかれて死亡

コロナ禍とあってひと気がなく、男性に救いの手を差し伸べる人はいなかった。

2021/09/10 17:40

電車・地下鉄・駅・プラットホーム

帰宅途中だった男性が、プラットホームから線路に転落。そのまま悲惨な亡くなり方をしていたことを、『Metro』 などイギリスのメディアが伝えた。



 

■コロナ禍でひとけのない駅

2020年5月のこと、イギリスで暮らしていた男性(59)が電車に乗って自宅を目指した。コロナ禍でロックダウン状態にあり、駅にも人がいない頃のことだった。

そんな中、駅に電車が到着したため男性は下車。しかしプラットホームが曲がっており、電車とのあいだに大きな隙間があることに気づかなかった男性は、その隙間から線路に転落。電車とプラットホームの間に挟まれ、動けなくなってしまった。


関連記事:男性の事故死現場で兄と弟も電車にひかれ死亡 3人ともに酒に酔っていた可能性も

 

■線路に転落し絶体絶命

午前10時10分頃に転落した男性だが、引っ張り上げてくれる人はおらず困り果てた。しかも電車の運転手にも見えない場所だったため、ひどく焦ったもようだ。

1分以上にわたって隙間から抜け出そうと努力したがうまくいかず、電車はそのまま発車。男性は電車に押しつぶされる形となり、致命傷を負って線路に倒れ込んだ。

次ページ
■次の電車が通過し…

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

電車話題転落監視カメラプラットホームロックダウン翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング