椅子に縛られた遺体を裁判所は「自殺」と断定 25歳美人モデルにいったい何が…

無言のうちにも、何かを強く訴えながら自ら命を絶つ。そこにはすさまじい怨念が感じられる。

2021/09/11 14:30

手錠・女性

トルコのある裁判所からミステリアスな話題が飛び出し、そこに漂う怨念が世間を身震いさせた。それが、ある映画のストーリーを彷彿(ほうふつ)とさせるものであることを、『XNEWS NET』『Mirror』など海外メディアが報じている。



 

 

■「他殺」にしか見えない遺体

トルコ・ボドルム市で今年の1月3日、ダンサー兼モデルとして活躍中していた女性が、アパートの自室で椅子に縛られた遺体となって発見された。口には猿ぐつわがはめられ、両腕は手錠により後ろで縛られていた。

嫉妬深い恋人がいたのか、誰かの愛人で話がもつれてしまったか、それとも強盗犯が侵入したのか。誰が見ても、彼女の遺体は犯罪に巻き込まれたことを思わせるものだったという。


関連記事:13歳少女を強姦し埋めた30代男 下されたのはわずか24年の実刑判決

 

■「自殺」と断定

女性は、ウクライナ・キエフ市出身のクリスティーナ・ノヴィツカさん(当時25歳)。2日間まったく応答しないことから、近隣住民が警察に通報して遺体の発見に至ったという。

「事件」から約8カ月、このほどその死因審問が検死裁判所で行われた。自宅の玄関や鉄柵の窓から不審者が侵入した形跡がないこと、手錠は本人がネットで購入したものだったことなどを元に、裁判官はその死を「自殺」と断定した。

次ページ
■娘を心配していた実家の母親

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

映画トルコ冤罪自殺頭痛遺書怨念殺人事件他殺うつ翻訳記事検死裁判所キエフ頭痛薬ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング