早くも新米の季節で新品種も続々 Amazonで買える「早場米」ランキングTOP5

まだ暑い日も続く中、早くも出回り始めた新米。一足早く味わえる「早場米」ランキングを紹介。

9月に入ったかと思えば急に寒い日が続き、時おり暑さは戻る日があるものの早くも秋気分。秋といえばやっぱり「食欲の秋」。なかでもその代表格は、ふっくらもちもち、つやつや輝く新米だ。


画像をもっと見る

 

■「新米」の基準は?

新入社員やルーキー選手などの比喩としても使われる「新米」。じつは、食品表示法(食品表示基準)で厳密に定められている。「原料玄米が生産された年の12月31日までに(精米の場合は精米されて)容器に入れられ、もしくは包装されたもの」。

一般的な新米が出回り始めるのは9月頃なので、およそ4ヶ月の間に精米・袋詰めされた米は「新米」を名乗ることができるのだ。

なお、日本一早い新米としては、毎年6月に収穫される石垣島産のひとめぼれが有名。本土では鹿児島で7月にこしひかりが収穫され、こうした米は超早場米と呼ばれている。

9月から出回るのは、それに次ぐ早場米。そんな季節に、しらべぇ編集部が気になった今すぐ買える「新米ベスト5」を発表しよう。


関連記事:みずみずしい旬の果物をスムージーで 「ミキサー」売れ筋ランキング

 

■第5位:粒すけ(千葉県)

粒すけ
(画像出典:Amazon)

千葉県が13年かけて開発し、2020年にデビューしたばかりの新品種「粒すけ」。東京に隣接する千葉県は、じつは作付面積・収穫量ともに全国9位(2020年)の米どころ。温暖な気候を活かした早場米の産地でもある。

こしひかりを母にもつ粒すけの特徴は、粒が大きく、ツヤがあり、粘り、甘みがあること。まだまだ品種としても新米ながら、リピーターが続出しているようだ。

次ページ
■第4位:ゆめぴりか(北海道)

他にも人気の新米がよりどりみどり【Amazon】

北海道amazon高知県千葉県新米コシヒカリ新潟県こしいぶき福井県ゆめぴりか早場米超早場米粒すけ華越前
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング