地下2メートルに落ちた子羊を14歳少年が救出 “シックス・センス”が働いた?

少年が、生後間もない子羊を救出。無事に母親ときょうだいの元へ戻してあげたという。

2021/09/12 08:30

子羊

当時11歳の子役だった俳優ハーレイ・ジョエル・オスメントの名演技も話題となり、世界中で大ヒットしたスリラー/ホラー映画の『シックス・センス』。そのシックス・センス(第六感)を持つ少年がニュージーランドにいるという。イギリスの『Mirror』や『Metro』が報じている。



 

■生後2日の子羊が行方不明に

話題の少年は、ニュージーランド北部のウェイトモという村に住むコーバン・デニゼくん(14)。家族は牧場を営んでいるが、今月5日、生後2日しかたっていない1匹の子羊がいないことに、コーバンくんの祖父が気づいた。

そこで父親のブレンダンさん(46)と姉のケイティさん(17)とともに、コーバンくんも牧場やその周辺を探し始めたという。


関連記事:ビーガン女性の過激な抗議活動 子羊の死骸をカートに乗せスーパーの精肉売り場へ

 

■穴の2メートル下で発見

3人は大きな岩の横に小さな穴が存在することを発見したが、何の物音もしなかった。それから約4時間が経過して捜索活動に限界を感じ始めた頃、何かがコーバンくんを引き留めた。どうしてもその穴が気になるというのだ。

穴に戻ったコーバンくんは、覗き込めるくらいの大きさまで一心不乱に穴を掘り広げた。すると2メートルほどの深さの所に、子羊が落ちているのを発見した。

次ページ
■子羊は元気に母羊の元へ

ラムチョップ ニュージーランド産【Amazon】

Facebookヒーロー牧場話題ニュージーランド捜索シックス・センス翻訳記事ハーレイ・ジョエル・オスメント
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング