新生児取り違えで機能不全家族に育てられた女性 成人し高額の損害賠償を請求

病院での徹底した本人確認作業は絶対に必要。同じミスを繰り返さないよう願いたい。

2021/09/12 06:00

新生児・赤ちゃん・保育器

産院での赤ちゃん取り違え、そして裁判の話題は意外にも多い。この度の話題は、スペインから飛び込んできた。『7News.au』『abc net.au』などの海外メディアが報じている。



 

■機能不全家族で育った女性

注目を集めている裁判は2002年、スペイン北部ラ・リオハ州のサン・ミジャン・デ・ログローニョにある公立病院で、新生児の取り違えミスが起きたことが発端となっている。

原告の女性は現在19歳。産科で誕生し数日後に退院したが、両親は夫婦仲が悪く、子供は祖母に預けっぱなしの機能不全家族だったという。


関連記事:世界最小212グラムで生まれた超未熟児 医師らの手厚いケアで家族の元へ

 

■両親の離婚で判明した事実

すさんだ家庭環境のなか不幸な経験を多々させられたという女性が、このほど自治体の保健当局を相手に、損害賠償として日本円で3億9,000万円ほどを求める裁判を起こした。

そのきっかけとなったのは、親夫婦がいよいよ離婚を決意した2017年、子供の養育費の負担について父親が異議を唱え、無理やり受けさせられたDNA検査だった。

次ページ
■成人するとともに動き出す

DNAクイック検査(親子鑑定)【Amazon】

離婚赤ちゃん病院損害賠償慰謝料裁判話題スペインDNA鑑定機能不全家族取り違え養育費産科翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング