武田鉄矢、『ワイドナショー』冒頭の謝罪に視聴者衝撃 長年ついてきた嘘とは

『ワイドナショー』に出演の武田。名言「人という漢字は…」はじつは嘘だった?

2021/09/12 11:35

武田鉄矢

12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、歌手で俳優の武田鉄矢が出演。番組冒頭の謝罪が、視聴者のあいだで話題になっている。



 

■「人という字は…」は嘘?

番組が始まるとすぐに、MC・東野幸治から「『人という字は人と人が…』というのは真っ赤な嘘だったと」と、とつぜん振られた武田。

自身の代表作である『3年B組金八先生』(TBS系)の中で、中学校教師として生徒に向かって「『人』という漢字は2人の人が支え合った姿から成り立つ」と教える有名な一幕を指しているのだが、これについて武田は素直に「はい」と認め、深く頭を下げた。


関連記事:武田真治、公開プロポーズでのまさかの返答に落胆 妻・静まなみが明かす

 

■「よく調べましたら…」

武田いわく「よく調べましたら、あれは自立している(一人の)人の姿を横から見た(もの)」らしく、「ですから、嘘をついてました」と謝罪。

松本人志から「かなり長いこと嘘ついてましたよね」とツッコまれると、「すいません、すいません」「本当に(そう思ってた)」と照れた様子でコメント。「歳を重ねると、いろんなことが分かってきますよね、ぼちぼち」と語っていた。

次ページ
■名シーンだけに驚きの声

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

漢字フジテレビ松本人志武田鉄矢ワイドナショー東野幸治3年B組金八先生金八先生
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング