結婚式を無断欠席したゲストに請求書を送りつけた夫婦 アリ・ナシで世論真っ二つ

莫大な費用がかかる披露宴において、無断欠席は失礼にあたる。ふたりの勇気を称える声は多い。

2021/09/13 06:30

結婚式・披露宴・パーティ

先月に結婚式を挙げ、晴れて夫婦となったある男女。だが当日、無断欠席したゲストに請求書を送りつけたという。その件に関する投稿がさっそく炎上してしまったことを、『INDEPENDENT』や『CNN』など海外メディアが報じている。



 

■109人を招待した披露宴

アメリカ・イリノイ州のシカゴに住むダグ・シモンズさん(44歳)とデドラ・マッギーさん(43歳)。ふたりは8月18日、家族をはじめ親しい親戚や友人、同僚たちを呼び結婚披露パーティを開催した。

会場にしたのはジャマイカのロイヤルトン・ネグリル・リゾート&スパで、109人のゲストを招待したそうだ。


関連記事:カシマスタジアムでの児童・生徒五輪観戦に賛否 教委は「決して強制参加ではない」

 

■事前に4回もの出欠確認

ふたりはゲストに対し、あらかじめ出欠確認を4回ほど行い、それぞれの意思を確認したうえで挙式の全ての費用を前払いしていた。にもかかわらず、当日に無断欠席するゲストが数名いた。

「このご時世、不安だから欠席するという気持ちも理解できますが、少なくとも私たちに連絡してほしかった」と話すダグさんとデドラさん。せっかくの晴れの日に、とても悲しく残念な気持ちになってしまったそうだ。

次ページ
■1人1万3000円を請求

結婚お祝い専用カタログギフト PREMIUM CHOICE 【Amazon】

Facebook結婚式夫婦アメリカ話題費用ジャマイカ披露宴招待ゲスト請求書翻訳記事無断欠席出欠確認前払い飲食代
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング