『ウマ娘』『鬼滅の刃』が田んぼに出現中 投稿者は「本物に会ってるみたい」

29回目を迎えた「中新田かかしまつり」では市内の団体や個人が腕を振るい、計26体のかかしを展示中。

スマホ・PC向け育成シミュレーションゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が7月に900万ダウンロードを突破するなど、大人気となっている。そんな中、神奈川県海老名市内の田んぼにウマ娘キャラクターのゴルシが登場し、SNS上で話題となっている。


画像をもっと見る

 

■授業の一環でかかし作り

ゴルシが登場したのは「中新田(なかしんでん)かかし祭り」で、今年で29回目を迎えた。市内の団体や個人などが腕をふるい、計26体のかかしを展示中。ゴルシ以外では、『鬼滅の刃』の炭治郎や東京2020仕様のマリオ、オリジナルデザインかかしも存在する。

ウマ娘かかし

実行委員長の廣田さんによると、ゴルシを作ったのは海老名市内にある教育支援教室「びなるーむ」の児童・生徒と教員だという。「かかし作りを授業の一環として取り組んでくれているようだ」と廣田さん。

【画像】ゴールドシップも登場したかかしまつりの様子


関連記事:中川翔子、『ウマ娘』のイラストが上手く描けず… 撮影中まさかの行動に

 

■本物みたい

ツイッター投稿者・りむやすさんは「正直、本物に会っているみたいだった」と話す。また、ウマ娘の魅力については「ゲーム中にいろいろなウマが存在し、そのキャラクター自体にさまざまな特徴や性格がある」と語る。

ウマ娘かかし

「そのため、ゲームをやっていても楽しくて飽きることがない。どなたでも楽しめると思う」と述べた。

次ページ
■規模を縮小し開催中
スマホゲーム敬老の日鬼滅の刃新型コロナウイルス竈門炭治郎感染防止ウマ娘ゴルシ中新田かかしまつり
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング