一般販売前のミロ商品 謎食感に不安覚えるも「ああ、アイツか」と気づく仕様

あのミロがチョコになった!? 「ネスレ ミロ ボックス」がシャリシャリおいしい。

ミロボックス

昨年末には売れすぎて出荷停止になるほど、大人気の麦芽飲料「ミロ」。日本では1973年から販売されており、「強い子のミロ♪」のCMに聞き覚えがある人も多いはず。

そんなミロから、新しくチョコレート菓子が登場! 早速試してみることに。


画像をもっと見る

 

■これぞ「ミロ」なデザイン

ミロボックス

それがこの「ネスレ ミロ ボックス」(257円)。緑色の背景に、茶色で「MILO」の文字…これは間違い無くミロだ! 小さなチョコレートの中に、しっかりミロが練り込まれているそう。

ミロボックス

1日当たり4個の「ミロ ボックス」を食べれば、1日の摂取目安(日本人の平均)の31%の鉄や20%のカルシウムを摂取できるとか。お手軽すぎ…。


関連記事:ケンタッキー、今年の月見サンドは… 待望の“アイツ”が入った新作登場

 

■普通のチョコ? いやいや…

ミロボックス

どんなに栄養価が高くても、おいしくなくちゃ続かない! と1個食べてみることに。見た目も普通だし、食べてみても普通においしいチョコじゃん、と思いきや、最後にシャリシャリっとした食感が。

これアレだ、アイツだ。コップの最後に残る、溶け残ったミロだ…ミロが飲みたくなってきた…。この食感、癖になってもう1個食べたくなってしまう。

次ページ
■たくさん食べるのはNG

事前予約可能なシャリシャリ食感の「ミロ チョコ」【Amazon】

チョコレートミロ麦芽飲料ミロボックスネスレ日本
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング