50年ぶりに見た互いの顔にダメ出し? 強度弱視だった老夫婦が最先端手術に成功

眼帯を外して開口一番、互いにダメ出ししてしまった夫妻だが、心は常に理解し合っているという。

2021/09/14 06:30

老夫婦・夫婦

若い頃から強い弱視に苦しみ、互いを支え合うようにして、長年にわたり仲良く暮らしてきた1組の老夫婦。医療技術の進歩を頼りに、夢だった手術をそろって受けたという。彼らがその後に経験したのは、見えることの感動か、それとも…?

心温まるなかにもクスッと笑ってしまう話題を、『News Locker』『Surrey Live』などの海外メディアが伝えた。



 

■若年性白内障の男女が夫婦に

イギリス・サリー州のマーズサムに暮らすテリーさんとブレンダさんのスミス夫妻は、今年で結婚55年。17歳で出会って結ばれたが、ともに若年性白内障を患うという共通点があった。

視力はどんどん下がり、夫妻は30代には強い弱視の状態に。ブレンダさんのほうが特に悪く、2人の娘を育て、今は3人の孫と3人のひ孫に恵まれているが、人生は決して楽なことばかりではなかったという。


関連記事:宇垣美里、来週にもICL手術へ 心境は「ちょっと緊張するけど」

 

■レンズ埋め込み術

医学の進歩は近年、眼科においても目覚ましいものがあり、優れたレンズを埋め込む治療法があると知って、ふたりは身を乗り出した。

強度の弱視ゆえ、考えてみたらスミス夫妻は50年ほど互いの顔をまじまじと見たことがない。生きているうちに、愛する人の顔をもう1度愛でてみたいという気持ちもおそらくはあったのだろう。

抜群の視力と自然な見え方が特徴だと説明され、1人あたり1万1,000英ポンド(日本円にして約167万円)もするが、ふたりは自由診療(医療保険適用外)のレンズを選択した。

次ページ
■夫の顔にショック

【タイムセール】ハズキルーペ ラージ 1.6倍 【Amazon】

テニス手術視力レンズ話題イギリス指輪眼科夫妻翻訳記事自由診療多焦点眼内レンズ水晶体若年性白内障フラワーアートサファイア弱視
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング