杉村太蔵、政治家の定年制導入に異議 「選んでいる人がいる以上は良い」

国会議員の定年制について、ふかわりょうは「あったほうがいい」と主張も、杉村太蔵が異議。

2021/09/14 00:20

杉村太蔵
(写真提供:JP News)

13日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、杉村太蔵が政治家の定年制について持論を展開した。



 

■45歳定年制を提唱

番組はサントリーホールディングス株式会社の新浪剛史社長が「45歳定年制」を提唱し、物議を醸したニュースを取り上げる。同社長は「従業員の意識改革」などを利点として挙げたが、ネット上では「45歳での転職は無理」「事実上のリストラ」と、批判が相次ぐことに。

その後、「定年という言葉は使うべきではなかった」「首を切るということではまったくないと釈明した」と紹介した。


関連記事:杉村太蔵、信用できない立候補者を熱弁 「選挙になったら自転車に乗るヤツは…」

 

■政治家の定年制に杉村が持論

杉村は「政治家の定年制について、皆さんどう思いますか?」と出演者に質問。ふかわは、「私は、あったほうがいいと思います」と断言する。

コメントを聞いた杉村は「だけど、その人が選んでいるわけですからね、地元の人が、有権者が」と、否定的な考えを示した。

次ページ
■選ばれている以上は良い

杉村太蔵『"投資""副業"お金の基本がゼロからわかる 稼ぎ方革命』【Amazon】

政治家杉村太蔵国会議員ふかわりょう定年バラいろダンディ45歳
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング