これまでの常識越えた「二郎インスパイア系」定食 予想の斜め上いく味だった

ラーメン二郎インスパイア系は各地で目にするが、今回は白米を添え定食にしたというお店。果たしてお味は…。

チャーシウめし

取材帰り、東京・新宿の飲食店街をふらついていたら、偶然「チャーシウめし」なる看板を発見。「野菜マシマシ、背脂マシマシ…アイツだ!」とピンときた記者は、早速味を確かめに店内に突入した。


画像をもっと見る

 

■場所は新宿の「もつきむ」

チャーシウめし

チャーシウめしを提供する「もつきむ 新宿南口」は、JR新宿駅東南口から徒歩2、3分の場所にある博多もつ鍋を看板にした居酒屋。看板には「インスパイア豚めし チャーシウ次郎」なるロゴマークが入っていたが、もつきむ内でのブランド名なのか、はたまた間借りしているのか…謎は深まるばかり。

ちなみに同店では、ランチタイム時、刺身とおかずがセットになった定食や、牛タンメンチカツ定食、豚バラ炭火焼定食など合計12の定食が1,000円前後で楽しめる。


関連記事:チャーシューで麺が見えないデカ盛りラーメン 「弁慶」自信の一杯にノックアウト

 

■デカデカと看板が…

チャーシウめし

中でも別立ての巨大POPでプッシュされていたのは、「チャーシウめし」(980円)なる定食メニュー。

見るからに「ラーメン二郎」でおなじみの醤油ベースのタレで味付けされたチャーシュー、茹で野菜をおかずに見立てている感じだ。でも、二郎系具材は白米に合うのだろうか…。

このエリアにはラーメン店が多く、どの店に入ろうか決めあぐねていた記者はウルトラCでもつきむのチャーシウめしをチョイスした。

次ページ
■皿には大量のタレ

家でも楽しめる二郎系ラーメン【amazon】

グルメラーメン二郎ランチ新宿チャーシューもつきむ二郎インスパイア
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング