サンドウィッチマンの好感度が高い理由 さまぁ~ず三村の分析は…

大人気お笑いコンビ・サンドウィッチマンだが、その好感度の高さをさまぁ~ず・三村マサカズが分析して…。

2021/09/14 11:20

サンドウィッチマン

13日深夜放送『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)に大人気お笑いコンビのサンドウィッチマン・伊達みきおと富澤たけしが登場。なぜサンドの好感度が高いのか、さまぁ~ず・三村マサカズが持論を展開した。



 

◼好感度No.1コンビ

次週での放送終了を発表した同番組。さまぁ~ずと最後にトークを交わすゲストが好感度No.1コンビ・サンドウィッチマンとなる。

サンドは宮城県仙台市出身で仙台商業高校の同級生。卒業後、富澤はバイト生活、伊達は福祉系の専門学校に進学するも3ヵ月で中退し父親のコネで福祉関係の会社に就職、サラリーマンとして5年間を過ごす。

24歳で「親不孝」というコンビ名で芸人活動をスタート。長い下積みを経て2007年に漫才の祭典『M-1グランプリ』で優勝し一躍知名度を高め、現在は14本のレギュラー番組を抱える人気コンビとなった。


関連記事:サンドウィッチマン、好感度1位のジレンマ明かす 「持ち上げられるのがしんどい」

 

◼24歳デビューに驚き

サンドのプロフィールが紹介されると、「いまプロフィール見てビックリしたんだけど。24歳なんだ、(お笑いを)志したのがってのがビックリした」と三村は指摘。

伊達が「僕が5年間、就職してたんで」と明かしたため、大竹一樹は「それが活きてるね、ネタにたぶん」と社会人経験がネタにも活かされていると解説する。

次ページ
◼社会人経験が重要

サンドウィッチマンライブツアー2016【Amazon】

テレビサンドウィッチマン好感度三村マサカズ富澤たけしさまぁ~ず伊達みきお大竹一樹さまぁ~ず論
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング